Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺がん末期患者のアロマトリートメントによる看取り 

肺がん末期患者Kさんは45歳の男性。

4年前に肺がんに罹患し、2016年9月に末期状態となり、

本人の希望でアロマトリートメント&リフレクソロジーの施術を1時間ほど行った。

ひどい咳のために呼吸苦があったが、施術中は殆ど咳がでなかった。

Kさんの腹直筋は、咳のために緊張しアスリートのように割れていた。
それほど、辛い咳であった。

その後、Kさんは緩和ケア病棟に入院したが、アロマ施術を最期まで希望された。

施術4回目の11月4日、
「いつもと同じようにしますか?」と尋ねるとうなずかれたので、
頭皮➡顔➡デコルテ➡背中➡上肢➡腹部➡下肢の順に約60分施術した。

Kさんは独身で、母親といつも冗談を言っていたが、

この日は死に瀕している状況で、母親との楽しい会話も体動も殆どしなかった。

施術が終わり、私が挨拶をして病室を出ようとすると、

ベッドで休まれていたKさんが、

突然むくっと起きてベッドサイドに座り、深々と私にお辞儀をして下さった。

私は、それが最後の挨拶であることが理解できた。

私は、関節リウマチのKさんの母親の施術を在宅で定期的にしており、
“母をよろしくお願いします”と、言わんばかりの挨拶のようにも感じた。

Kさんは、翌日他界した。

最期までアロマの施術を希望されたKさん。

私の施術が少しでもお役に立てたことを願い、

今後は残されたお母様の施術をすることで、

グリーフケアになればと思う。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。